STELLAR clip – 働く人の住まいを考える

長期出張の宿泊選択: マンスリーマンションVSホテルのメリットとデメリット徹底比較

この記事でわかること

長期出張、研修時の宿泊先としてマンスリーマンションとホテルを比較しています。
マンスリーマンションとホテルそれぞれのメリット、デメリットについてわかりやすく説明。
価格や機能面だけではない、利用者のベネフィットと快適さにもフォーカスして最適な宿泊先選びについて説明しています。

長期出張の宿泊選択: マンスリーマンションVSホテルのメリットとデメリット徹底比較

出張や研修は企業活動の重要な一環ですが、1ヶ月以上の長期出張では宿泊先の選択次第で業務効率や快適性に大きく影響すると考えています。マンスリーマンションとホテル、さまざまなメリットデメリットが双方にありますので比較して見ていきましょう。

長期出張時のマンスリーマンションとホテルのメリットとデメリットを比較し、企業の社員や企業担当者が最適な選択ができるように情報を提供します。

マンスリーマンションについて

出張や研修時のマンスリーマンション、ウィークリーマンションの部屋、物件

マンスリーマンションは、長期出張や研修時など短期間の住居を必要とする人々向けの宿泊先で、1ヶ月以上で契約が可能です。
これらのマンションは、出張者、新入社員研修、外国籍の方の一時滞在等様々な理由で短期間の宿泊先を必要とする人々に利用されます。
マンスリーマンションは家具や家電が完備されており、入居者は持ち物を最小限にして入居することができます。加えて、通常の賃貸に比べて、敷金や礼金が不要、または非常に少額で済む場合が多く、手続きも簡単で迅速です。これにより、短期間でもスムーズに生活を始められるため、短期間の住居を探している人にとっては非常に便利な選択肢となっています。

マンスリーマンションのメリット

  1. プライベート環境の確保
    何も知らない不慣れな土地での生活においてもプライベート環境は非常に重要です。
    マンスリーマンションは文字通りマンションの一室に住むことになりますので、居室やキッチン、お風呂などの水回りも自宅のような日常感覚に近い生活を送ることができます。

  2. 生活の利便性が高い
    完備されたキッチンや洗濯機、その他生活に必要な設備・備品が整っています。
    入居後すぐに生活を始められる環境ですので、ストレスフリーで過ごすことができます。

  3. コストが安い
    ホテル1泊あたりの価格と比較するとマンスリーマンションの方が安いです。
    例えば、ハイシーズンの春に東京で1ヶ月ホテルに宿泊すると30~45万円(1泊最低1万円~)ほど費用がかかりますが、マンスリーマンションだと1カ月の利用で20~25万円(1泊最低7千円~)ほどです。

マンスリーマンションのデメリット

  1. ルームサービスなどの付帯サービスがない
    マンスリーマンションの場合、マンションの一室に住むことになるので、ホテルや旅館のようなルームサービスや清掃サービス等の付帯サービスはありません。

  2. 物件検索に手間が掛かる
    ホテルのように予約サイトでのリアルタイム情報が無く、また、賃貸マンションのように仲介会社がいない為、自身で検索や問い合わせを行わなければいけない。

  3. 最短で1カ月以上の宿泊利用が必要
    マンスリーマンションは名前の通り、1カ月以上の宿泊利用が必要になります。
    1ヶ月未満の利用であればウィークリーマンションまたは、ホテルの長期宿泊プランを利用して頂くようになります。

ホテルについて

出張や研修時のホテル

ホテルは、観光客や出張者など幅広い客層を対象に、多様な客室、レストラン、会議室、スパなどの豊富な施設とサービスがあります。また、ビジネスホテルは、出張や短期滞在のビジネスパーソンを主な対象としており、必要十分な設備を備えたシンプルで機能的な客室、無料のインターネット接続、朝食サービスなど、ビジネス利用に適したサービスに特化しています。

ホテルのメリット

  1. サービスの充実度
    ルームサービスや清掃サービス、大浴場など、充実したサービスや施設を利用できる点が大きなメリットです。疲れて帰ってきた時にベッドがきれいになっているのはうれしいと感じる人も多いかもしれません。

  2. 利便性の高さ
    ホテルは、駅の近くや中心地に位置することが多く、移動の利便性が高いです。最近では駅直結のホテルも増えており、より利便性が増しています。

  3. 情報収集のしやすさ
    ホテルの空室状況などリアルタイムで確認できる予約サイトなどが多く、価格の比較や予約の仕方などが分かりやすです。また、口コミ情報なども掲載されており、比較・検討がしやすいです。

ホテルのデメリット

  1. 室内で生活が完結ができない
    通常のホテルでは、キッチンや洗濯設備はが備わっていないのが一般的です。その為、長期滞在時に食事や洗濯等で負担を感じることが多いです。

  2. プライベート環境が制限される
    短期滞在に特化したホテルの場合、無駄のない機能的なつくりの部屋が多く、大半の場合、 部屋が狭い傾向にあります。数泊程度なら特に不自由は感じものの、長期滞在時には、窮屈さや閉塞感を感じる場合があります。

  3. 宿泊費が変動しやすい
    マンスリーマンションのメリットの逆で1泊あたりの価格が高い傾向にあり、時期によってインバウンドや観光シーズンなどの影響を受け価格が変動しやすいです。

マンスリーマンションとホテルの違い

マンスリーマンションとホテルのメリット・デメリットについて説明しましたが、利用目的や時期、予算等によってマンスリーマンションとホテルを使い分けることをおすすめします。また、ビジネス利用において大切な視点は、仕事と生活環境の変化にさらされる利用者の快適性やベネフィットに目を向けることです。日常生活に近い感覚のマンスリーマンションと非日常に近いホテルの魅力それぞれの具体的な利用シーンを想像しながら選択しましょう。

マンスリーマンションホテル
キーワード生活、日常、いつもと変わらず体験、非日常、いつもとは違う
利用シーン・自炊のために近くのスーパーで買い物をする
・家に帰ってきて靴を脱ぐとホッとする
・洗濯や掃除もいつものように自分でやる
・晴れた日には布団を干す
・帰ったら気持ちよくベッドメイクされている
・困ったらとりあえずフロントを使う
・疲れた時は大浴場でリフレッシュ
・洗濯はタイミングをみて共同のものを使う

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最低でも1カ月以上の滞在で自炊や掃除、洗濯など身の回りのことは自分でこなしていき、その土地の日常生活に溶け込む経験ができるのがマンスリーマンションの魅力とも言えるでしょう。それに対してホテルは、キッチンや洗濯機など生活に必要な設備は部屋に備わってはいない分、ホテルのフロントサービスやベッドメイクなどが充実しています。ホテル利用時にしか経験できないサービスがあり非日常的なことが魅力として捉えることもできます。
マンスリーマンションかホテルにするか、長期出張の宿泊先選択は、快適なビジネス生活を送るための重要な要素の一つです。
プライベート環境や生活の利便性を重視する場合はマンスリーマンション、短期間の宿泊やサービスを重視する場合はホテルが適しているため出張の目的、滞在期間、予算などを総合的に考慮した選択が大事です。

弊社、MONTHLY BANKでは、マンスリーマンションやウィークリーマンション、ホテルをご紹介から契約までワンストップで代行いたします。
全国のマンスリーマンションとウィークリーマンション、ホテルから厳選して最短で当日に最適なご提案可能です。
マンスリーマンション・ホテルをご紹介希望の方は24時間受付の下記、サービスサイトよりお気軽にオーダーをお願いします。
https://monthly-bank.com/

出張や研修時の全国のマンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテルを手配。検索から契約まで代行。法人契約はMONTHLY BANK(マンスリーバンク)で。
Tags

話題のタグ

Ranking

人気記事ランキング

New Articles

最新記事

LP1
SNS始めます
Pickup

おすすめの記事

働く社員

その他

働く人の住まい

STELLAR FORCEについて

Tags

話題のタグ